大学の友人でもあり、ゲイ仲間でもある琢磨からノンケ攻略方法を教えられました。
ハッピーメールやPCMAXやワクワクメールに、ノンケとの出会いがあるのです。
取り急ぎ、ハッピーメールのアプリをインストールしていきました。
女性として登録して、プロフを作成していきます。
プロフには、フェラの得意なオネエと書き込みしていきました。
あとは、男性のプロフをチェックして足あとを付けたり、いいね!をしていくことにしました。
これだけで、手応えがあると琢磨は話していました。

 

 実際に、言われていた通りになりました。
複数の男性に、足あとを残したり、いいね!をしていくと、ゲイのフェラに興味のある男性からメールが来るのです。
自分好みの相手を探すため、更にメールを沢山受け取るために掲示板に投稿していくことにしました。
僕のフェラで気持ちよくなりたい喰われノンケから、もっとメールが到着するはずです。

 

 言われていた通りの展開です。
さらに、メールの数が増えていきます。
できれば好みの男性の肉棒を美味しく頂きたいですから、メール交換をしていきました。

 

 直次くんは20歳の大学生でした。
「フェラだけなら、ゲイでもいいかな?って思っててさ。それ以上は関係ない?求めない?」
「その辺は大丈夫、口でするだけだから」
彼もその気になってくれていました。
アルバイト帰りに待ち合わせが出来ると言われました。

 

 直次くんと対面できた時は、本気で喜びを感じます。
ちょっと太り気味だけど、見た目は悪くない。
公衆トイレで頼むと言われ、2人で多目的ルームへ入っていくことにしました。

 

 彼のズボンとパンツを下げると、半立ちになった包茎ちんこが・・・。
胸がキュンキュンした瞬間です。
手コキをしてあげ、思いっきり勃起させてからフェラをやってあげました。
「マジ・・気持ち・・いい・・・」
恍惚とした表情で言ってくれます。
「僕もオナニーしていい?」
「ああ・・」
彼の包茎ちんこをフェラしながら、マスターベーションに励んでしまったのでした。
ノンケのちんこ最高です。
ノンケをフェラすることに成功です。
喰われノンケの包茎のちんこをフェラで美味しく頂きました。