ゲイサポに頼るしかない状態でした。
同じゲイよりも、断然に興味のない男性に興味を持っていました。
肉体関係は無理でも、フェラだけは・・・そんな気持ちでした。
売り専のノンケのボーイを利用したこともあります。
ですが、相手は完全なプロです。
素人っぽさを求めることが難しい。
同じゲイではない雰囲気を味わうこともできません。
そのため、納得がいきませんでした。
プロっぽさがない相手と知り合いたかったのです。
素人さんと知り合いたかったんです。

 

 売り専を探す目的で男のサポート掲示板で、ゲイサポの相手を探そうかな?
そんなこと考えるようになりました。
こちらだったら、ゲイじゃない相手と出会えるのではないか?
支払い有りだったら、フェラをさせてもらえるのではないか?
そんな妄想が、頭の中をグルグル回り出してしまいました。

 

 ゲイではない男性との出会いを夢見て、ゲイサポ掲示板を利用していきました。
フェラだけの繋がりを作れるかもしれない。
熱い気持ちがこみ上げてくる状態でした。
こういうタイプの掲示板なら、きっと美味しい出会いがあるに違いない。
素人臭い相手と出会えるかもしれない。
期待する気持ちだけは、とても強まっていく状態でした。

 

 素人ゲイサポに最適な相手が掲示板にいました。
掲載されている写メも好みでした。
タイプの男性に、心が燃え上がっていく状態です。
ゲイサポでフェラが出来るって、最高じゃないかって気分でメッセージを送信していきました。

 

 返信を受け取ることにも成功です。
完全なノンケで、支払い有りでの関係を作りたいと言ってくれます。
しかも、先払いすることによって継続して2回目からは無料でフェラオーライって言われてしまったんです。
先払いに怪しさこそ感じてしまったものの、好みの男性にフェラができます。
心が踊っていく僕でした。
アマゾンギフト券を2万円ほど支払うことで、継続関係が作れます。
支払いに応じることにしました。

 

 ゲイサポに成功したと思いました。
怪しさよりも、快楽優先の気持ちが強かったのです。
ギフト券を2万円ほど、相手に先払いしました。
すると、途端に連絡がやってこなくなったのです。
それ以降と言うもの、完全な音信不通になってしまいました。

 

 納得がいかなかったため、受け取った写メを画像検索してみたんです。
すると、同じ写メが大量にネット上にバラまかれているのを発見。
唖然としてしまいました。
ゲイサポ掲示板は、完全に失敗に終わってしまった形です。

 

 有用な情報を教えてくれたのは、ゲイ仲間でした。
彼自身も、掲示板の利用で痛い思いをした経験があったようです。
そこから、出会いのための調査をしたそうです。
確実に出会う方法を調べまくった結果、弾き出した答えが出会い系アプリだったそうです。
人気の出会い系アプリを利用すること。
これ、男性として登録するのではないそうです。
女性として登録してしまうそうです。
これには、さすがに驚きを感じました。

 

 出会い系アプリに、女性として登録してどうするのか?
不思議でした。
どうやら、フェラが得意なオネエ設定を作るのだとか。
そして、ノンケと出会いたいとアピールしていくのだそうです。
これをやったところゲイサポじゃなく、無料のフェラ友作れたと言います。
震えがくるほど、興奮してしまいました。
こういう方法で出会えるのか!
出会いが欲しかった僕は、本気で体を震わせてしまったのです。
実際に、ゲイ仲間がやって成功している方法なのです。
その確率は高いものです。
確実性も同様です。
同じようにやっていくことで、僕にも出会いが見つかるのです。
不確かな方法ではありません。
確かな方法なのです。
心も体も震えっ放しって状態でした。

 

 ゲイ仲間から教えて貰った方法は、かなりスリリングなものだと感じました。
彼は、この方法で出会いを掴めています。
試さずにはいられません。
同じゲイじゃない相手との出会いが見つかると言うのですから。
出会い系アプリは、女性として登録することで無料で利用出来るメリットもありました。
ゲイ仲間の行動通りにやったところ、ゲイじゃない男性からの連絡がやって来るようになりました。
飛び上がるくらい喜びを感じてしまいました。

 

 活動を続けることで、ノンケのフェラ友を複数作れるようになりました。
やっと、確実に出会う方法が分り、未来が拓けたような気分になりました。
これで活動していくことで、まだまだ出会いは拡大していくのは確実なのです。

 

 

名前:晋哉
性別:24歳
年齢:男性
 田所晋哉、学生時代にゲイだと気が付いた24歳です。
同じゲイよりも、ノンケに強い興味がありました。
できれば、ノンケのチンコをフェラしたいって強く思っていました。
ゲイがノンケと性的な接触をするのは、決して楽な事ではありません。
それでも、ノンケのチンコへの渇望は日増しに強まるばかりでした。
本格的に、ゲイとノンケの関係を作るため行動に出なければって思うようになっていました。